私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

65期王将戦、郷田返して2勝2敗!

王将戦第4局、郷田が後手番で返して、俄然面白くなった。

戦型は角換わり。
角換わりは、互いの角打ちを警戒しながらの攻防と端歩のやりとり、そして、仕掛けの筋とその前に手を付ける「歩の突き捨て」が難しい。

とある角換わりでは「世に伊奈さん(4,2,1,7,3)あり」の語呂合わせすらあるくらいだが、何故、この順なのか、素人には複雑すぎる。
まあ、見ている分にはそれらが面白いのであるが…。

本局、先手の羽生は、他の突き捨てを入れず、シンプルに4筋の歩の交換、銀の交換と攻める。
この激しい攻めをかわして、66手目からの郷田の反撃が凄い。
そして、86手目、飛車切りがしびれる。
かくて、郷田が勝利し、2勝2敗のタイ!

それにしても解説、千田五段が実に研究している。
本局の進行を事前に深く研究していて、それを開陳しているのである。
千田は先日のNHK杯で強豪行方を倒したが、そのときも研究ぶりを発揮していた。

名解説があってこそ、観戦将棋派は楽しめるのだが、千田の研究に裏付けられた解説にも関心した次第である。




.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24146719
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-02-17 20:27 | 将棋 | Trackback | Comments(0)