私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

明快な白井聡氏の演説!

2/12集会。
小林氏に続いたのが、永続敗戦論でお馴染みの白井聡氏である。

参議院候補、尾立源幸氏が会場に来られ、時間がないとのことだったので、司会の私は、小林氏に続いて尾立氏の発言を求めようとしたが、尾立氏が予定通りでよい合図されたため、白井氏の出番となった。

つまり小林氏が民主党幹部批判をしたために、引き続いての発言はしにくいだろうという配慮である。
ところが、引き続く白井氏の発言が何と会場を沸かせるのである。

「おそらく、小林先生が民主党幹部批判をされたあとにいきなり尾立さんでは喋りにくかろうということで、私を間においてクッションと考えたようだが残念である。私も民主党を批判せざるを得ない!!」

そして民主党幹部がひどいかを事例を挙げて訴える。
一方、世界資本主義の行き詰まりは(破壊、戦争で儲ける)「軍事ケインズ主義」に向かうが、対抗軸として、「あらたな方向性」を的確に指摘する。

アメリカのサンダースの躍進は、支えているのは例のオキュパイ運動の人たちである。
同じような運動の意義を訴える。

白井氏の演説は痛快で分かりやすい。
白井氏の論に全面的に共感する。

私が、最近、友人に進めている著は白井氏の「戦後の墓碑銘」である。
是非お読み頂きたい。

【追記】
尾立氏は、この後発言し、むしろ内部から、新党結成を申し入れているなど力強く方向性を打ち出された。

また、辻恵元衆議院議員は、この日本における7月参議院選挙の重要性を訴え、この大阪では改憲派、護憲派の当選を2対2にすることの重要性と、それは可能であると力強く訴えられた。

全く同感である。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24135089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-02-13 19:42 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)