私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

日刊スポーツの快挙!

ブログで元旦主要5紙を読み比べたと述べてきたが、実は、関西スポーツ紙主要5紙(デイリー、日刊、サンケイ、スポニチ、報知)の元旦号も購入している。
スポーツ紙は大体似たりよったりである(デイリーは極端に阪神より、報知は巨人より、等の違いはあるが)と思っていたが、日刊スポーツ元旦号を見て驚いた。
いや、本当に驚いたのである。

社会面が際だっている。
社会面の「政界地獄耳」という欄に大きな見出し。
「共産党「日本大衆党」か 本気で党名検討」とある。
記事も「2016年の政治は、現在の「安倍1強」態勢に対し、結集を目指す野党がどこまでまとまるかが一つの焦点だ。中でも、野党各党との連携にかなり積極的な動きをみせる共産党が、大きな鍵を握っているといえる。」として、共産党の躍進から、小沢一郎との会談と続ける。
小沢の好きな言葉に「変わらずに残るためには変わらなくてはならない」がある。
ヴィスコンティ監督の「山猫」のセリフだ。志位委員長はこの言葉に自党を照らし合わせたのだろう。「それ使っていいですか」と了解を取り、国会開会式への出席を決めたように、大きく変わろうとしている。
そして見出しの通り、党名変更も検討しているという記事である。

いやあ、こんなに際だった記事は他のスポーツ紙どころか、一般紙にもない。

一般紙の記者も、共産党の党名変更の動きなど、共産党のこういう動きは当然知っているだろう。
知っていなければ、取材力がスポーツ紙より劣ることになり、まさかそんなことはありえまい。
知りながら日本共産党関係のニュースを記事にしないとすれば実はそのことが怖ろしい。

一昨年来の、安倍政権のNHKや朝日をはじめとするマスコミ締め付けにより、政権が嫌がる記事は避ける、ということがより明らかになったのではないだろうか。

いや、そんなことはない!と是非マスコミに頑張ってほしい!
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/24017427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2016-01-03 08:29 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)