私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

京大宇宙落語会に参加する

12月5日、京都大学時計台記念館ホールで開かれた「京大宇宙落語会」に足を運ぶ。
私自身は当日出演する桂福丸師匠の落語を聞くためだった。
桂福丸師匠は京大法学部出身の気鋭の落語家である。

会場にきて、その面白い企画に感心する。

この仕掛け人は柴田一成氏。
れっきとした京都大学の教授であり、現在は京都大学大学院理学研究科付属天文台長である。
発想は、宇宙学といえども理系に限らず、人類学その他理系文系の枠を超えて幅広くコラボレーションするところから始まり、やがて「宇宙と何某」とくっつけていき、そして「宇宙と落語」に至ったという。
つまり異色なものを組み合わせて新たな発想(アイデア)を生み出すという手法ですね。

この結びつきについて、学生から何故かと質問があるらしいが、「落語」は「人に伝える技術」を学べると柴田教授は喝破し、現に大学の講義でもプロの落語家を招いて落語を一席演じて貰うという。

いやあ、何というか、自由な発想を重んずる京大ならではである。

柴田教授自身も、こんなことをしているのは、世界中で京大だけだ、と述べられていた。

確かに面白い。
桂福丸師匠はもとより、この日初めて聞いた笑福亭たま師も京大出身落語家で大変面白かった。

面白いこと、斬新なことには応援したいものである。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23939157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-12-07 22:27 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)