私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

マクドナルドの赤字と「名ばかり管理職」

マクドナルドが、2015年1~6月、最終損益が262億円の赤字を出し、閉店が相次いでいることが話題になっている。
そもそも2004年に原田泳幸会長兼社長が就任してからは、マクドナルドは8年連続で既存店売上高が前年を割ったことがないくらい好調を維持してきた。

原田会長は色々なシステムを構築し、言わば改革の旗手であった。
それゆえ今回の低迷は、昨年の「期限切れ鶏肉」「異物混入」などの要因があり、顧客の信頼をなくし売上げが低迷したからだと言われている。

しかしマクドナルドといえば、この原田会長時代に、労働界では著名なマクドナルドの「名ばかり管理職事件」が生じている。
管理職には、残業手当を払わなくて良い、という労基法を逆用して、「店長」は管理職だから、と残業手当を払わずに、過酷に働かせた事件であり、そのあまりにもひどい残業に「店長」が日本マクドナルドを訴えたという事件である。

2008年1月28日、東京地裁は、日本マクドナルドの直営店店長は労働者であり、会社側が店長を「管理監督者」とみなして残業代を払わないのは違法だとして、未払い残業代など約750万円の支払いを命じた。

従業員に対して過酷に働かせるという扱いをしていては、その従業員にはおよそ愛社精神は出てこないであろうし、めまぐるしく超過労働をさせられる中で、消費者の安全に思いを巡らす余裕も出てこないだろう。

無論、「名ばかり管理職」と「低迷」との間の因果関係は分からない。
しかし、従業員を大事にする会社が長い目で見て生き残る。
そういう会社やそういう社会であってほしい、と改めて思う。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23918528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-11-30 23:08 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)