私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

大阪ダブル選挙、維新完勝と橋下徹市長の去就

大阪府・大阪市のダブル選挙で維新候補が共に勝ったという。

5月の大阪都構想住民投票時と比較して、告示後の、盛り上がりの低さをみれば(それはそれで公職選挙法という悪法のせいでもあるが)ある意味で予想された「大阪らしい」結果なのであろう。

反維新の敗因は幾つもあろうがその一つは間違いなく、反維新候補が「自民党色」を強めていったことだ。
反維新のはずが、何故「『アベノミクス』の恩恵を大阪に」などという演説になるのか。
しかも、「オール反維新」ではなくて、何故に自民推薦を強調するのか。
「安倍首相」のポスターがあんなに大きく出ていたのでは、とうてい、応援する気にはならない。
あまりにもあほらしい。
そんな、反維新派も少なからずいただろう。

先程来のニュースを見ていると、維新の記者会見で「橋下市長の成果が評価された」とかその他勝手なことを言っている。
勝てば何でも出来るという安倍首相とそっくりである。

しかも、松井氏は橋下市長の引退について、「一旦は身を引く」とか言っている。

ええっ!!何!「一旦、身を引く」
引退と言っていたのに、「一旦」なんてあるんですか。
戻ってくるなら、それは引退と言わんでしょ!

これでは、まるで、まるで(引退興行を繰り返す)「プロレス」である。

いやあそうか、松井知事は、橋下維新は、自民党(反維新候補)と対決しているようで、実は、「プロレス」(出来レース)ということを無意識に自白しているんですね。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23894589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-11-22 22:05 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)