私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

広げよう「落選運動」

先日のブログで「前防衛政務官が、何と、選挙区の公立中学校で講演!」と批判した。
安倍自公政権は、国民の多くの反対を無視して成立させた安保法について、いまや全く素知らぬ顔でいる。
そして来年の参議院選挙に向けて、国民をごまかす「新三本の矢」などとまたまた大嘘をついている。
安保法を廃止にするためにも、来年の参議院選挙で自公議員は落選させなければならない。
このように思っているときに、日頃応援させて頂いている豊中市議会議員木村真氏から、参議院候補者(公明党議員)が選挙区の公立中学校で後援会を開く、というとんでもないことをしているとの連絡を受けたのでこういう議員は益々落選させなければならない、との思いで書いたブログである。

「落選運動」自体は、法的に問題はない。
「Aを落選させよう」、というのが,「Bを当選させよう」と取られないかぎり、公選法の規制は受けない。

「落選運動」は多いに広めなければならない。

いささか少し前の記事で恐縮だが、この点、毎日新聞10月13日付朝刊の特集ワイド「広がるか『落選運動』」は分かりやすくて良い記事であった。

小見出し「強引な政治に憤る有権者」
「強硬手段で反撃」
「安保関連法巡り学者ら提案」などの通り、安保関連法における強引な自公政治家に
「落選運動」が有効であることを特集した記事である。

落選運動が法的に問題のないことは、岩淵美克日大大学院教授の解説が出ている。
また、阪口徳雄弁護士が、落選運動を支援すると共に、この運動の全国連絡会議を作りたいと述べていることが紹介されている。
大変素晴らしく、こういう緩やかな連帯は是非実現してほしい。

…ああ、そうそう、選挙区の公立中学校で講演しようとしている安保法賛成議員の名前を書くのを忘れていた。

公明党の石川博宗議員である。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23807474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-10-25 20:39 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)