私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

叡王戦本戦トーナメントに思う!

叡王戦本戦トーナメントの組み合わせが発表されたが、率直に言って、当たりはずれを感ずる。
AB両ブロックあるが、Aブロック自体実力者が多く、とりわけAブロックの右辺は強豪揃いである。
タイトルホルダー郷田真隆王将、若手の実力者豊島将之七段、永世名人森内俊之九段、そして昨年の新人王阿部光瑠五段である。

それに引き替え、と具体的な実名を挙げるつもりは無いが、比較的楽に勝ち上がり、また楽なブロックもある。
おそらく多くの将棋ファンはある種の不公平さを感ずるのではないだろうか。

無論、全ての棋戦は多かれ少なかれ当たりはずれがあり、それでいても、結局は強いものが勝つ、と言えよう。
従って、そんなことは気にする方がおかしいというのが本筋である。
実際、一流棋士自身は、全く気にかけていないであろう。

しかし、本棋戦は、エントリー制であり、羽生名人と渡辺棋王はエントリーしていない。
その真の理由はわからないけれども、次回にエントリーしてもらうためにも、実質的公平さは、もっと、もっと追求されてしかるべきだろう。

叡王戦という大変面白い棋戦が創設されただけに、どこか安易な匂いを感ずるのが、少し残念な気がしてならない。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23773756
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-10-15 00:35 | 将棋 | Trackback | Comments(0)