私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

「コンピュータ将棋プロジェクト」終了宣言!

ニュースに寄れば、情報処理学会は10月11日、「コンピュータ将棋プロジェクト」の終了を宣言したという。
プロジェクト(正式名称「コンピュータ将棋『あから』強化推進委員会」)は2010年、同学会の創立50周年を記念して、「トッププロ棋士との対局を実現し勝利を収めること」を目指して始まった。

コンピュータ将棋『あから』が清水市代女流王将(2010年当時)に勝利するなど、その後の実績を見ても、コンピュータ将棋が互角以上の結果を残し、またコンピュータ将棋の実力は2015年の時点でトッププロ棋士に追い付いていると判断し、事実上プロジェクトの目的を達成したとしている。

また、統計的にコンピューターが棋士に勝ち越す可能性が高い、という分析結果が出ているという。
おそらく統計的にはその通りだろう。
全く同感である。
昨年の電王戦(棋士対コンピュータ将棋ソフトとの団体戦)でおそらくトッププロと並んだのではないか。
今春の電王戦は、コンピュータの弱点(バグ)をついて棋士(人間)側が勝ち越したが、その弱点(バグ)を改良していけば、おそらくコンピュータ側が勝つだろう。

無論、現実には今春の電王戦で棋士側が勝ち越したように、「一発勝負」なら分からない。
だからこそ、新棋戦叡王戦勝者とコンピュータソフトとの対局が成り立つ。
(正確には2発勝負であるが…)

しかし、統計的にいえば、コンピューターが棋士に勝ち越す可能性が高い、という分析は正しいに違いない。

そういった状況を見れば、まあ、終了宣言はこの数年の内にはいずれ行われるものであろう。
しかしその中で、今年、つまり2015年を選んだのが秀逸である。

約20年前の、1996年将棋年鑑アンケートにおいて、
羽生名人が、コンピュータが棋士に勝つ年と予言した、まさにその年が2015年であった。

わざわざその2015年に、終了宣言をするというのが実に憎い。
これこそ、コンピュータにない、人間の機微である。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23763433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-10-11 22:21 | 将棋 | Trackback | Comments(0)