私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

新人王戦、大橋貴洸三段先勝!

9月29日は竜王戦前哨戦のほかに、将棋新人王戦3番勝負の第1局も行われていた。
このタイトルが注目されるのは、新人王が後にタイトルホルダーやA級棋士などの強豪になったケースは多く、
有望な若手の登龍門であるとされているからである。
現に、羽生名人や森内九段、渡辺明棋王、藤井猛九段や最近では糸谷哲郎竜王などその例は枚挙にいとまが無い。

今期は、菅井竜也六段と大橋貴洸三段(奨励会員)による関西対決という組み合わせとなり、
大変興味深いが、私はまあまずは菅井六段の快勝だろうと思っていた。

しかし、日本将棋連盟のホームページにアクセスして結果を見ると
(終了図を見ただけだが)、何と菅井六段が、穴熊の、穴から出てこれらない形で負けている。
これは完敗である。

日本将棋連盟によれば終局の場面が次のように表現されている。
「この局面で菅井の投了となった。投了後の菅井には体に力が全く入っていない。腕がだらんと垂れ下がり、まるで金縛りにあったかのような状況で盤面を見つめている。」

菅井六段は好きな棋士であり、実に辛い場面である。

【10月20日追記】
その後、菅井は連勝し、見事に新人王を獲得した。
さすがである。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23728566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-09-30 22:39 | 将棋 | Trackback | Comments(0)