私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

安保法案成立後も反対運動は続いているのに…。

デイリースポーツ9月23日号を読んでいると、
須田慎一郎氏が「ニッポン総喝論」というコラムで
「先週までの熱気はどこへ-あのデモは国会と同じ”茶番劇”だったのか」と題して
デモが、法案成立後「ピタっと止まってしまった」と述べている。

ひどい記事である。
まあ、こんなことでわざわざ腹を立てる必要もないのかも知れないが、
日々仕事に追われ、ニュースをじっくり読む間も無い方はが、スポーツ新聞のこの見出しを見て、騙されるかも知れない。

見出しは、事実に反している。
デモは決して茶番劇ではない。

確かに、国会前は、相対的に静かになったろう。
当たり前である。
そもそもデモは、国会議事堂という「建物」に対してアピールしてきたのではなく、国会に集まる「国会議員」に対してアピールしてきたのである。
休祝日で国会議員がいなくなった、単なる建物前で、法案成立直前と同様に人が集まるはずはない。
しかもみんな、仕事や勉学を抱えているのである。
こんなことは誰が考えてもわかることであり、相対的に静かになっても言わば当然である。
そんなことを、まるでもっともらしく記事にする。

むしろ、ジャーナリストなら、法案成立後、全国的に抗議声明が相次いだことや、国会前でなくとも各地に抗議集会・デモが広がったことを報ずるべきであろう。

私のところに来たメールでも、色々な団体が、抗議声明を出していることが分かる。
(弁護士関係だけ、ブログで照会した通りである)

こういった事実を何ら認識することなく、単に、国会前の一つの現象を捉えて、「先週までの熱気はどこへ-あのデモは国会と同じ”茶番劇”だったのか」と報ずるのでは、もはやジャーナリストと言えない。

単に、デモを「茶番劇」としたい者への迎合記事と言われても仕方がないだろう。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23708540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-09-24 22:54 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)