私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

「安倍「壊憲」政権に異議あり~保守からの発言」

河出書房新社から発行された表題の著がいい。
本の帯には、「保守だからこそ安倍晋三を許さない」とある。
さらに「安保法制を強行採決し、憲法を壊し、戦争に向かって爆走する安倍政権に、保守政治家と保守論客が存在を賭けたNOを突きつける。」と続く。

佐高信が、小林節、亀井静香、鈴木宗男とそれぞれ対談しているのが、いずれも興味深く面白い。
私は本書を読んで初めて知ったのだが、自民党は
「朝日、赤旗、民主党、サンデーモーニング、反対派がグウの音も出ない!『安保法制』一問一答35」なる冊子を作って自民党全議員に配布しているという。

これを小林節が明快に批判している。

まあ、自民党のあまりに情けない姿が浮き彫りになる。
まず、この冊子、こんな初歩的のこと(いずれも後に論破されて今さらこんな話じゃないでしょ、という論点)を配布しなければならないの、というのが情けない。
例えば、「国民を戦争に参加させるつもりか」との論点には、支援対象となる多国籍軍が「現に戦闘行為を行っている現場」では後方支援は行わない、との回答が示されている。つまり、ゆめゆめ、「戦争に参加させるつもりと言ってはいけない」のである。
にもかかわらず<「だって戦争に行きたくないじゃん」ツイッター事件>の武藤議員はこの冊子を読んでいなかったと思われる。

このようにおよそ全編「グウの音も出ない!」というものではない。
それだけに恥ずかしい。
詳細は、この冊子の論点を批判する小林節教授にゆだねるが、全く同感である。

つまり、安倍政権はこういう初歩的な事を繰り返し、述べさせれば、あとは強行採決で乗り切れると言うことであろう。

昨日の最大級の反対派デモに対し、菅官房長官は「大きな誤解が生じていることは極めて残念だ。政府として、誤解を解く努力をしっかり行っていきたい」と述べたというが、こんな「一問一答」を配っているようでは、およそ「誤解をとく努力」と言えないだろう。

こんな理不尽を決して許してはならない。

本書は保守派の人にこそ、強くお勧めする一冊である。

それにてしても、自民党のこの冊子、反対派として、「朝日、赤旗、民主党、サンデーモーニング、」とありますが
報道ステーションはもはや自民党には主な反対派に見えていないのでしょうか。

今日の報道ステーションは、昨日の全国の最大級の反対派デモも大きく報道して頑張っていましたが…。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23620806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-08-31 22:57 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)