私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

羽生強し!56期王位戦防衛

羽生が3連敗したことをブログに書いたが、何の、何の、羽生は強い。
8月27日、王位戦で羽生は4勝1敗の文句なしの防衛である。

しかも中身がいい。

広瀬の得意戦法を受けて立った第4局も面白かったが、この第5局もいい。
プロである以上、見ていて面白い対局を指し、そして勝つ。
羽生があらゆる意味で第一人者であることが分かる。

さてこの第5局、羽生が馬を作って3筋を伸ばした局面。
72手目の段階で、立会人桐山九段は、広瀬持ち(広瀬有利)と解説している。
ツイッター解説の佐々木慎六段も同じく広瀬持ちと続く。

ところがである。
両者が馬(角)と飛車を取り合い、互いに、敵陣に打つ。
ここから激しく展開する。

105手目、広瀬が羽生の25の龍を取るべくその頭(26)に金を当てる。
龍が取られるかと言う場面である。
素人目に難しい。
何せ、最強の駒である龍が取られるところなのである。
実は、ここからがいい。
ここで羽生は、何と、龍を龍を逃げずに放置して、逆に広瀬を攻めるべく66桂と攻めるのである。
これが凄いですね。
結局、羽生は、そのまま龍を逃げずに攻めきり、125手目で広瀬投了。

いやあ、面白い。
こういう気持ちいい勝利を見ると、まだまだ羽生の天下は続きそうである。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23607836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-08-27 23:25 | 将棋 | Trackback | Comments(0)