私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

麻生副総理のずるい発言!

8月8日にMBS系のニュースキャスターを見ていると、麻生副総理がとんでもないことを言っていた。

自民党の武藤貴也衆院議員に対する注意である。

先のブログでも述べたが、武藤議員は、安保法案に反対する反戦デモを行った学生達に対し「『だって戦争に行きたくないじゃん』という自分中心、極端な利己的考え」というツイートを行い、内外から猛批判を受けた議員である。
この武藤発言のひどさはあちらこちらで指摘されているのここでは述べない。

問題は、それを注意した麻生副総理である。
この麻生副総理が輪をかけてひどい。
これまでも数々の問題発言を発している麻生副総理であるが、武藤議員を注意するに当たってとんでも無いことを言っていた。

麻生副総理が述べたのは、安保法案を通すことが何よりも重要であると述べた上で、「言いたいことは法案が通ってからにしてくれ」。

何ですかこれ。
武藤議員の言いたいことが「間違っている」という注意ではありません。
「言いたいことは法案が通ってからにしてくれ」です。

全く国民をなめた話です。

議員の言いたいことはむしろ、法案の審議中に言うべきでしょう。
それが民主主義の前提としての「知る権利」というものです。

そう言えば、麻生副総理の過去の数々の問題発言の一つに、「ヒトラーに学べ」というのもありました。
民主主義に真っ向から無視した、悪法をこっそりと成立させよ、というアレですね。

「言いたいことは法案が通ってからにしてくれ」というのはまさしく麻生副総理の本音であり、国民を騙す発想です。

本当にひどい。
武藤議員はもとより、AAコンビ(安倍、麻生)もいい加減に退陣してほしい。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23547370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-08-10 23:28 | 司法・ニュースその他 | Trackback | Comments(0)