私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

谷川会長の惜敗!

録画していた谷川浩司九段対阿部健治郎五段のNHK杯戦を見る。
解説阿久津八段曰く、若手阿部は谷川得意の「角換わり」を避けて、横歩取りの研究手順に引き込んだ。
先手谷川の横歩をとった飛車が56に回るのはよくあるが、後手阿部が自己の飛車を2筋に振り、谷川が26に歩で受けたときに、飛車を見限って56角と谷川の飛車をとるのが研究手順である。
見事であり、あっと驚く。
以下は、阿部ペースであろう。

最終盤、谷川が自陣を守るのではなく攻撃に転じたとき、谷川の「光速の寄せ」が出たかと胸が高鳴った。
昔の谷川ならこういう場面はきっちりと仕留めたものである。
そこに谷川の最大の魅力があった。
しかし、今回は、一歩届かなかった。

谷川の感想戦の第一声は「研究不足でしたね」。
(会務で忙しくて研究出来ないのはわかっているやろう)
(研究将棋でない力戦型で向かってこんかい)
(角換わりでこんかい)

カッコ内は、私が勝手に想像しているだけです。
紳士であり、将棋界の顔である谷川九段は、こんな下品なことは決して言いません。
しかしねえ~。

弁護士会の副会長を担当し、本業(弁護士業)に十分時間がとれなかったことを経験している私としては、会務をこなしながら対局を重ねる谷川に同情を禁じ得ない。
大変だろうと思うが頑張ってほしい。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23485177
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-07-29 20:40 | 将棋 | Trackback | Comments(0)