私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

5月10日、「大阪都構想」反対で駆けめぐる

扇町公園の集会の後、辻恵さん、服部良一さん、薬師院仁志さんらとともに、街頭演説に出向く。

辻さんらは私にとってお馴染みであるが、もう一人東京から、奈須りえさんが来られていた。
彼女は東京都大田区選出の議員であり、この4月の統一地方選挙で4期目になる区議会議員である。

那須さんに会うのは初めてある。

しかし、その演説は素晴らしい。
政令指定都市として持っている税収権限をわざわざ放棄する愚かしさをを
自己の選出区である東京都大田区の例をあげて分かりやすく説明する。

帰宅して、那須さんのホームページなどを見ると
「東京都から23区への財源のともなった分権を実現します。」と
うたっている。
つまり、「財源無くして分権なし」との考えを持っておられるわけだ。
だからこそ、週末に弾丸で大阪までこられてアピールされた。

那須さんは、そもそも普通の会社つとめしていながら、
以下のような活動をされていた。
帰国子女の会フレンズ」元スタッフ、現ネットワーク会員
小学校で読み聞かせの会
「育児サポートカスタネット」スタッフ
「大田区立男女平等推進センター区民自主運営委員会」事業スタッフ
「ひとにやさしいまちづくりを進める大田区民の会」役員
「遺伝子組み換え食品を考える大田市民の会」実行委員
「容器包装リサイクル法改正を求める大田市民の会」実行委員

これだけでも相当エネルギッシュであるが、その背景に
2003年に、太田区議(第1期目)に当選されたのである。

財源なき行政区にどうして十分な住民サービスができるのか、
那須さんの原理的な批判は説得力がある。

是非、那須さんの、ホームページ、ツイッターを見てほしい。
そして改めて「大阪都構想」なる危険な「構想」を
じっくりと考えてほしい。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/23102605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2015-05-11 22:49 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)