私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

経済・軍事・秘密主義の3点セットとラルフネーダー

書庫を整理していたらラルフネーダーの書物が目についた。

刑事司法改革の端緒となった1989年松江市での日弁連人権大会で、購入した書物である。

この年の人権大会は、後に「当番弁護士制度」を誕生させる契機となる「刑事弁護」の画期的なシンポジウムのあった年であるが、もう一つのシンポジウムの目玉は、ラルフネーダーその人であった。
両方のシンポジウム会場を行き来したことが非常に懐かしい。

ラルフネーダーは、若い人は知らないだろうが、70年代のアメリカの消費者運動家として名高い人物である。
一旦表舞台から身をひいた後、レーガン登場とともに再びその批判者として現れた。

レーガンは、所謂レーガノミクス、軍事大国化をなしえたアメリカ大統領であるが、もう一つの柱は、秘密主義である。
消費者運動家ネーダーは、消費者の立場から、政府の秘密主義と、他方、企業への規制緩和政策を徹底的に批判する。

政府の情報は、開示されなければならない。
ネーダーは邁進するのである。
「情報公開法制限は民主主義の敵」
「デモクラシーの初心に返れ」
「原発は暴走する怪獣だ」
など、ネーダーの言葉は今日でも新鮮である。

ネーダーの著を再読していると、経済政策、軍事政策、秘密主義は、時空を越えて「3点セット」では無いかと思える。

レーガノミクスとアベノミクスの経済手法は同じではないが、安倍首相のやり口は、軍事化、秘密主義などをセットとし、30年前のアメリカ、つまり軍事大国化を目指したアメリカを思わせる。

しかし、格差社会・貧困・差別が渦巻く今日のアメリカのように、私はなってほしくは無い。
おそらく多くの人も思いは同じであろう。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/22690387
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-12-31 09:06 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)