私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

糸谷3勝1敗、竜王位に王手!

夕方からゆっくり楽しもうと思っていた竜王戦第4局は
楽しむ前の午後5時過ぎに終わっていた。
本日、仕事の合間に時折ニコ生を「チラ見」して「先手森内優勢」と出ていたから、尚更驚きである。
糸谷の逆転勝利である。
糸谷、強し!

挑決戦以来、糸谷に非常に流れがよく、糸谷が竜王位を取るのではないかと以前私のブログで書いたがまさにその流れ、その勢いである。
しかも、この第4局は、森内が、糸谷の得意戦法である「角換わり」を避けた。

相手の得意戦法を避けるというのは、勝利を第一義に考えれば当たり前の話であり、勝つために本気で臨んだともいえるが、一方、森内の小学生以来のライバル羽生名人が「相手の得意戦法は避けない」(むしろ受けて立つ)という姿勢に比べれば、どうしても王者の風格に欠けるように見える。

森内は、相手の得意型を避けるという時点で、気持ちの上では負けているのではないだろうか。
無論、森内の真意はわからない。
あくまで子どもの頃からの将棋ファンの感想に過ぎない。

しかし、素人目には、今日の一局は「逃げてはいけない」という教訓が潜んでいるように私には思える。

【11月22日追記】
日本将棋連盟のHPで棋譜をみれば実に熱戦譜である。
そして、森内の111手目64角が敗着とされている。
しかし、この角はもともと86から世に出ることを構想したもの。
むしろ、83手目に53歩とするよりも、このときに64角と金を取るのが角の顔を立てることになると思う。
無論、53歩は糸谷の「と金」を消すという、極めてプロらしい(だからこそ私などには到底思いつかない)一手であるが、持ち時間の使い方も含めて、森内は慎重すぎたのではないだろうか。
あくまでド素人の感想であるが…。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/22588175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-11-21 22:47 | 将棋 | Trackback | Comments(0)