私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

松葉杖は左右どちらで持つべきか?

山道ならぬ、松葉杖で歩きながら考えた。
果たして、松葉杖は左右のどちらの手で持つべきか。

左足指を骨折してから医者に行き、松葉杖(一本)のお世話になる。
はて、松葉杖は右手、左手どちらに持つのか分からない。
主治医に聞くと、左だという。
傷んだ足を添えて助けるからだろう。
あとは看護師さんに松葉杖の使い方を見て貰い、傷んでる左足と松葉杖を同時に出すようにとか、もう少し杖を外側に出した方がよいとかの指導を受ける。
かくて医者に貰った松葉杖で歩くのだが、結構難しい。

その私の様子を見ていた連れ合いが、杖を持つのが逆じゃないの、という。
う~ん。
かくて、左手に持ったり、右手に持ったりして、歩きながら考えた。

左手に持つときはまさしく左足にかかる力を分散させるためであり、通常左右の足で歩くのを左足の時には、松葉杖が助ける、という感じである。
一方、右手に持つときも左足にかかる力を分散させるのであるが、右手の松葉杖と怪我をした左足が、健常な右足をはさむため、この右足に負担をかけている実感がする。

問題は健常足の右足を出す(つまり地に着いている)ときの体勢である。
左手説は、(左足を補う杖との発想ゆえ)右足を出すときも、健常な体勢と変わらない(つまり重心は体の中心)という考えと思われるが、これが結構難しい。

では一方、右手説だと健常足(右足)はどうなるか。
右手杖を、あたかも足の如く動かすなら、体の重心は右へ動く(右手杖と右足の中間)がどうしても、健常な右足を頼りがちになる。
つまり、右足はどうしても垂直近くに位置しがちである。

以上が、まずはあれこれ試した実感である。

さて左右どちらで持つべきか。

これは結構面白い問題である。
面白い問題といいながら、実は、普通に歩いているときどうなっているのか、考えたことは無かったことに気付く。
正しいのかどうか分からないが、おそらく、左右の足が地に着くときは地に着いた足側に重心が移るような気がする(真上かどうかはわからない)。
つまり自然の歩き方は微妙に重心が左右に動いているような気がするが、それはおそらく大きな移動ではないだろう。(あまり左右に揺れている人は見ないから)
杖を使って歩くと言うことは、この自然な歩き方に近い方が良いのではないだろうか。
まずは仮説である。

健常な右足を過大に頼りにせずに、松葉杖を全面的に信頼すればどうなるか。

「難しい問題はシンプルにせよ」
これは問題解決の一つの思考法ですね。

怪我の左足の負担は「ゼロ」とすれば、つまり右足と松葉杖の二本足(杖)で歩くとすれば、(そして右足に負担させず、右足と松葉杖を同等に負担させるとすれば)
松葉杖を「足」と同じように使いこなせば、理論的には、右手説も左手説も変わらない。
つまり、右だろうと、左だろうと杖が「足代わり」なのであるから同じ。

そのように結論付けて、今度は、松葉杖の負担を(怪我の左足にも負担させるときはその総和)右足と同等とすべく、やってみたが、それでも右手説の方が楽である。

理論的には杖は左右どちらに持とうとも同じである、と思ったが違う。
それは、「理論的な動かし方」が、とうてい出来ないからである。

何故かと考えると、左半身があるからである。
どうしても、この左半身を支えるために、左半身(の重心が)が、地に着いた右足、或いは松葉杖に近づけてしまう。
とすると、左手杖の場合の重心の移動が多くなる。
移動の多い分だけ、バランスの取り方など負担が生ずる。
仮に、重心移動を少なくして、左杖と右足で歩く(体はほぼ左側に傾いている)のは
現実にはかなり難しい。

加えて、右手は利き腕である。

慣れてくると右手杖の場合、余り重心を移動させないで(体を右に傾けたまま)歩くことが出来る。

かくて、我が身で色々と試行錯誤して考えた結論は「右手説」である。
主治医の指導とは逆でした。

大変面白い問題ですね。




.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/22563917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2014-11-14 23:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazuo_okawa at 2014-11-15 11:06
有り難うございます。Neo説なら間違いないですね。
by kazuo_okawa | 2014-11-12 21:46 | パズル・統計・数学 | Trackback | Comments(2)