私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

第27期竜王戦、初戦は糸谷が制す!

森内俊之竜王に糸谷哲郎七段が挑戦する第27期竜王戦七番勝負第1局がアメリカ・ハワイ州「ハレクラニ」で行われ、タイトル戦初出場の挑戦者糸谷七段が初戦を制した。

糸谷得意の角換わりで見事な先勝である。

第一局を観ただけだが、「糸谷竜王」が誕生しそうな流れである。

将棋は先手の勝率がわずかに良い。
糸谷は、羽生との挑戦者決定3番勝負でも、2度の振り駒でいずれも先手を取っている。
今回も振り駒の結果、初戦は先手となった。

糸谷にとって初めてで慣れないタイトル戦といっても、
海外であるために、おそらくは気を遣うであろう森内と
条件はそう変わらないかもしれない。
しかも、糸谷後手番第2局は、糸谷の地元大阪での開催である。

何やら流れが、糸谷に非常に良いと感じてしまう。
無論勝負は、本人の実力が全てではあるが、「人間同士」の闘いである以上、こちらが勝ちそうだ、という回りの空気が後押しすることもある。
そういう流れを糸谷には感じてしまう。

「タイトル戦は、第一局の『内容』が、シリーズ全体の性格を予言する」というのが
ニコ生の解説者藤井猛九段の言葉であり、この第一局の内容通り
シリーズは最後までもつれ込むだろうと予想していた。
そして、角換わりシリーズになるだろうと述べつつも、森内さんは避けるかも知れないと戦型の見所を述べていた。

しかしながら棋界の第一人者森内が、
相手の得意型とはいえ、角換わりを避けることはないだろう。

第2局が大いに楽しみである。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/22483520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-10-18 14:11 | 将棋 | Trackback | Comments(0)