私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

集団的自衛権の閣議決定に反対の意思表示を

日弁連は、安倍政権の集団的自衛権の解釈改憲閣議決定に反対の意を示している。
人権を守る弁護士会の使命として当然である。

ところが、日弁連人権大会2日目に会員から意見が出た。
即ち、集団的自衛権の解釈改憲の閣議決定に反対することは当然だがその理由を「立憲主義違反」とするのはどうか、という意見である。
無論、法律家として立憲主義違反は分かった上で、しかし、反対の理由は「戦争国家に反対」とすべきだろうという。

これはこれでよく分かる意見である。
立憲主義に反せず、きちんと、憲法改正手続きを踏んで戦争国家にすればいいのか。
無論、よくない。
肝心なのは戦争国家にしないことである。
それを正面から出すべきだといういう意見である。

それはそれで正論であり、私もそういう場面に遭遇すれば、9条改正に反対し、戦争国家に反対する。
しかし、真に、きちんと憲法改正手続きを踏んでいき、真に国民が憲法9条を「改正」するのであれば、残念ではあるが、言わば主権者の政策選択に過ぎない。

しかし、立憲主義違反は次元の異なるものであり、近代国家ではありえない、とんでもない暴挙であり、言わば「クーデター」なのである。
この立憲主義違反を許せば、平和主義だけでなく、
人権尊重、国民主権その他、今の憲法の基本原理を何とでも変えてしまえる。
ここが問題なのである。

しかも、立憲主義違反を反対の理由とすることで、いわゆる「改憲論者」をも大きく巻き込んで反対出来る。

立憲主義違反を主にあげることについて、私は意味は大きいと考える。
もっとも私は、この意見を述べた会員にはいつも正論を述べられ、敬意を表している。

時間の関係もあったのかも知れないが、この会員の意見に対して、執行部は何の説明もしなかった。
私には、これが一番残念である。

それはおいても
あらゆる立場から、集団的自衛権の解釈改憲に反対しなけらばならない。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/22447777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-10-05 21:46 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)