私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa

王位戦、羽生の3勝2敗!

観戦将棋ファンたる私は、今期、プロ将棋を観戦していて
何やらずっと羽生4冠王の将棋を見ているような気がする。

いや「気がする」ではなくて、現にそうである。
名人戦、棋聖戦、王位戦、そして王座戦。
つい先頃は、竜王戦の挑戦者決定3番勝負と
すべて羽生が出ている。

かつて鈴木大介八段は、棋戦のあと体力を回復するには2~3日かかると述べていたが、何の何の羽生は、この8日糸谷との竜王戦挑決戦のあと、9日は移動日、そして10、11日が王位戦である。
このハードスケジュール自体が驚異的である。

本日、羽生は木村に敗れ、王位戦3勝2敗となった。
更に観戦出来ると言う意味では楽しみであるが、これだけハードで体力は大丈夫なのだろうか、とも思う。
羽生は、日曜日の行事なども参加している。
かつて、大山十五世名人が、会長職として多忙な中、勝ち続けたことは知られている。

おそらく羽生はこういった歴史上の大名人とも闘っているのだろう。

羽生のもう一つの凄さは、「相手に合わせる」ということである。

戦型や持ち時間の使い方など、相手に合わせるというのはよく指摘されている。

そして「感想戦」の在り方。

羽生は、かの天才故村山聖との感想戦では一言も言葉を発せずに、専ら、盤上の駒を動かして「感想戦」を闘わせたことがあったという(河口俊彦「羽生世代の衝撃」ー対局日誌傑作選ー」より)。

一方、つい先日の王座戦。豊島との感想戦では、逆に、何ら盤上の駒を動かさず、符号のような言葉のやりとりを繰り返して「感想戦」を行ったという(週刊将棋9月10日号より)。

片や「言葉無し」、片や「言葉だけ」。

いやあ何というか、言葉が出ない。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/22379249
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-09-12 00:08 | 将棋 | Trackback | Comments(0)