私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

奥田昌道先生の教え

7月26日、京都大学法学部奥田昌道ゼミの同窓会・奥田会に出席する。
この日はいくつか予定が重なったが、迷うことなく「奥田会」を選ぶ。

奥田先生は、今、81歳のはずだが老いてなお元気でいらっしゃる。
月に2~3回は東京へ行かれ、講演、執筆などをこなし、またライフワークである「民法債権総論」の完成へ向けて日々研究しておられるという。

この日、印象に残った奥田昌道先生の言葉。

「蝋燭は、身を削っていきながら、回りを明るく照らす」
「雑巾で汚れを拭く。雑巾のお陰できれいになるが雑巾自身は汚れる。その雑巾を石鹸で洗う。石鹸は身を削っていき、しかし雑巾はきれいになる」

奥田先生の言わんとされるところは、生涯、世のため人のために身を削ってでも頑張れ、ということである。
そして、奥田先生ご自身がそれを実戦されておられる。

今なお、先生には教えられる。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/22239029
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-07-27 23:54 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)