私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

「マンデラ-自由への長い道-」を見る

楽しみにしていた映画「マンデラ」を見る。
予想に違わず感銘を受けた。

南アフリカ共和国のアパルトヘイト政策と闘った英雄ネルソン・マンデラの自伝的映画である。
マンデラは若くして弁護士として成功したが
友人に誘われて差別と闘うアフリカ民族会議(ANC)に参加し
やがてアパルトヘイト政策(人種隔離政策)に反対する運動の先頭に立つ。

それが国家反逆罪とされ、終身刑を言い渡される。
しかしマンデラは決して希望を失わず
獄中27年の後、釈放され、南アフリカ大統領になりアパルトヘイト政策に終止符を打つ。

マンデラの素晴らしいところは、黒人社会になっても決して白人に復讐してはならないと強く制したところだ。
白人にファイティングポーズを取る孫に、それとなく諭し、「私の孫だ、友人になりたいと望んでいる」と白人に近づく場面が象徴的である。
「愛と共生」はこの映画のテーマでもある。

映画は、この偉大なネルソン・マンデラを忠実に描いたという。
それゆえ、マンデラの有名なセリフも散りばめられる。

「生まれながらにして、肌の色ゆえに、他人を憎む者などいない」
「憎しみは学んで生ずる」
「人が憎しみを学べるなら、愛を学べることも出来るはずだ。何故なら人の心にとって愛することは憎むことよりも自然なことだからだ」
「私は差別を嫌悪する。それは野蛮なことだからだ」

成功した弁護士でありながら不合理な政策に正面から闘い
40代の働き盛りに投獄されながらも希望を忘れず
「復讐」でなく「愛と共生」を説く。

それにしても獄中27年である。
それでいながら、復讐するな、差別するなと解く。
マンデラのこの不屈の闘志には感動と勇気を覚えざるをえない。

是非お薦めしたい。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/22053073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-05-26 23:42 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)