私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

鳥越俊太郎氏を迎えて(その2)

4月12日に鳥越俊太郎氏を迎えて、弁護士会で集会を開いたことは既にブログに書いた。

その中で、鳥越氏の発言に印象に残ったことを以下の通り書く。
鳥越氏の指摘は実に重い。
是非広めてほしい。

「これまでこのような法律がなくても問題は無かった。
今回の秘密保護法は戦前の治安維持法と同じ。
しかもこの秘密保護法だけを見ていても本質は見えない。
安倍政権はこれまでの自民党政権とは全く違う。
国の在り方を変えるクーデターである。
彼自身が、レジュウムチェンジといっているように無血クーデターである。」

「世界中で起こるクーデターで奪取した政権がまずすることは
「放送局」を押さえることである。
2/26事件も同じ。
安倍政権がしようとしていることはこれと同じ。
NHKは籾井さんというあんな品のない人が会長である。
品のないだけならましだが、政府の言いなりになる事を白状している。
この籾井さんを始め、4人が安倍さんのお友達である。
NHKの経営委員は12人。
仮に籾井会長が辞任して、次の会長をどうしようかとなったときに
12人のうち9人の同意がないと会長になれない。
ここで、この「4人」という数字が効いてくる。」

「NHKはのっとられようとしている。」

「心配なマスコミはNHKだけではない。
安倍首相はメディアの社長としょっちゅうメシを食っている。
そして、一方、テレビから、安倍政権を批判するコメンテーターが姿を消している。
例えば、ワイドスクランブルのなかにし礼、
元経産省官僚の古賀茂明
森永卓郎は今やバラエティしかでない。
そして、私。鳥越にはテレビをやらせるな、となっているらしい。」

「放送を牛耳る。
教育を牛耳る。
集団的自衛権の通り、戦争が出来る国を安倍首相は目指している。
「戦争が出来る国」これが、安倍首相が言う「美しいニッポン」なのである。」
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/21902934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-04-17 23:15 | 出来事いろいろ | Trackback | Comments(0)