私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

「裁判と人権」新学期始まる!

新年度、今年も新たに大学での講義が始まった。
私が、龍谷大学法学部で講義を持たせて頂くようになって19年目である。

実は、若い人達を前に喋るのは大変新鮮であり
私にとって、仕事とはいえ、楽しみな時間である。

4月10日、新年度の講義がスタートしたが、みんな熱心に聞いて頂き嬉しい。

私の講義は「裁判と人権」であり、
広く裁判実務から「人権」に関する問題を取り上げている。
大学からも、実務家の視点から、学生にとって刺激的な話をしてほしいと要請されている。
…ということで、実際は自由に話をさせてもらっている。

しかし、目的は、学生に日本における人権状況を知ってもらった上、
人権尊重と、合理的な思考法を身につけてもらうことである。
そういう観点で講義している。

初回は、人権とは何か、という総論の話をした。

人権については通説である「天賦人権説」を前提に話している。
つまり、人は生まれながらに誰にも侵されることのない人権を有している、という考えである。
ご承知の通り、2012年4月に発表された自民党改憲草案は
この通説たる「天賦人権説」をとらないとしてる。
とんでもない説であるが、これが実現されたら、日本は、不自由な国となるだろう。

それは若い人達にとって大きな問題のはずである。

私はその点を力説した。
若い人に、是非通じてほしい。

(追記)
龍谷大学では、社会人コースというのがあり、時折、若い人に交じって
社会人風の人が講義を聞かれていることがある。
社会人の方が、好きな講義だけを聞くと言うことで大変面白い制度だと思うのだが
今年は大教室を見渡した限り、オール学生風であった。
このブログで、宣伝しておけば良かった。
残念。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/21899526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2014-04-16 23:08 | 大学あれこれ | Trackback | Comments(0)