私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

広島マジックバー巡り

10月3日、日弁連人権大会のシンポジウムに参加した後
夜は、広島のマジックバーをハシゴした。

遠方に出張すると、地元のマジックバーを回るのが
私の楽しみである。

インターネットで調べると広島には3店舗あった。
「Hiviki」「ミステリー」「手品家」

このうち、Hivikiは、ヒロサカイ師の著
「バーマジック」(2001年)にも紹介されており
私が行きたかった店である。

順番は時間帯を考えて、ここを二番目とした。

まず「手品家」である。
チェーン店である。
同じ手品家の、高知店と三宮店には行ったことがある。
手品家のマジシャンは若者が多く、
大学奇術部の学生マジックを思わせる。

カウンター席で見せられるクロースアップマジックでは
演者は変わるがトライアンフやアンビシャスカードなど
繰り返し見せられた。

トライアンフとは、選ばれたカードが戻され、裏表にシャッフルされても
選ばれた一枚だけ表向きになっているというマジックである。

アンビシャスカードとは、客がサインしたカードを
トランプの真ん中にいれても一番上に上がってくる(アンビシャス)ことから
そう名付けられている。

居合わせたアベック客の男性が丁度、この日誕生日であり、
「お誕生日マジック」に出くわした。
女性がお膳立てしたものでその男性にはまさしくサプライズである。

いささか、というか全く、私の好みではないが
その場の全員での手拍子のときに、私も合わせて手拍子した。

<良きマジシャンは、良き観客である>

とまあ、この手拍子のごとく手品家は、若くて元気がある。
ステージマジックはなかなか面白かった。

次いで、「Hiviki」。
マジシャンの名前を店名にしている。

前述の通り、行きたかった店である。

パフォーマーは、40代後半くらいであろうか。
私が店に入ったときは、まさしく「フォーク曲げ」の最中であった。
実にうまい。
ほれぼれした。

10円硬貨曲げも自然である。

ここでもアンビシャスカードを見せられるが
最後が驚いた。
ひとしきり定番の手順を見せたあと客のカードを
真ん中に入れ、そしてトランプ全体に輪ゴムを掛ける。

そのトランプ全体に客が手のひらで覆い被せるのだが
パケットと輪ゴムの中に手を通してもらって覆う。
次の瞬間、トランプがはずれ、客の手の甲には(輪ゴムの力で)
突然客のカードが表向きに現れる。

不思議としか言いようがない。
「逆算」すれば直前はこうなっていたであろう、と考えることが出来るが
そんなこと出来るの?と、ますます不可思議である。

カードやコイン裁きも素晴らしく、
マッスルパスでは15センチメートルくらい飛ばしていただろうか。

リンキングリング。
クライマックスにコップにリングを通した(ように見える)。
面白いエンディングである。

客から借りた一万円札が中に浮く。
マイケル・アマーのトリックだと思うのだが
それにしてもうまい。

一通りマジックを見せたあと
一旦休憩し、再び、マジックが始まる。
フォーク曲げのところで(丁度、私が見始めたところで)辞する。

…とまあ、私がこの日見た数人のマジシャンの中で、
一番インパクトのあるマジシャンでした。

最後は、「ミステリー」。
店に入ると、客が二人。
医者だという。
しかしマスターがマジックを見せているわけでなく、
(その医者らも)会話を楽しんでいる。

マスターは50代後半。
にこやかで、おしゃべりをする。
釣られて、こちらマジックファンでバー巡りをしていることなどを話す。

マジック談義は楽しい。

熟練のマスターは言う。
「そうするとアンビシャスカード、一杯見たでしょう」
「ははは」
「私のはこういうカードでします」と
ダブルブランクカードのパケットを出してくる。

一枚にマジックペンで、カードのような絵を描き
そこに私がサインをする。
それでアンビシャスカードを行う。
そのあとこの一枚はこちらに伏せときます、と裏向け(白い面)に置き
もう一枚、カード作りましょう、といって同じようなカードを作る。

私のサインした2枚のカードを使うのだが
クライマックスは一枚(その裏表に私がサインしていた)だったというものである。

リンキングリングは「見立て」(リングで形を作ること)。
昔、よくあったなあ。
最後はやっぱりコップに通す。
…これは今の「はやり」なんでしょうか。

何となくほっとさせるのがこのマスターのポイントですね。

いずれにせよ3店舗、どこも面白い。
(しかも3店舗すぐ近くにある)

値段も、いずれも3500円とリーズナブルでした。
3件回って約4時間半、広島のマジック(とビール)に酔いしれました。



.
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/21162741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ミステリー at 2013-10-11 15:05 x
大川先生
先日はご来店、誠にありがとうございました。
またご来広の折には是非、お立ち寄りくださいませ。
Commented by kazuo_okawa at 2013-10-13 00:21
有り難うございました。また寄せて頂きます。
by kazuo_okawa | 2013-10-06 19:24 | マジック | Trackback | Comments(2)