私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー

府警証拠捏造と「警察崩壊」(原田宏二著)

大阪府警の不祥事が次々と明るみに出されている。

大阪府警堺署の留置場で起きた
実に怪しげな事件。

勾留中の被疑者が「暴れた」として
堺署の警察官が「暴れた」人物を「逮捕」したのだが
その警察官らの調書が書き換えられていたことなど
連日、報道されている。

さらに朝日新聞6月11日夕刊の報道では
証拠品すら警察官が捏造した疑いがあるという。

強大な権力を持つ警察がこういうデタラメなことをしていたのでは
この国の秩序も人権もとうてい守れないであろう。

この事件は徹底的に調査し
今後、こういう事態が生じないような枠組みを
真剣に構築しなければならない。

ときあたかも、私が講座を持っている
龍谷大学法学部において、
去る6月6日に、特別ゲストとして
原田宏二氏をお招きした。

原田氏は元北海道警察所属であり
道警本部長までのぼりつめられた方であるが
その後「警察裏金」を知り、その不正を内部告発した。

警察裏金事件として覚えておられる方も多いであろう。
原田氏はその後、道警はやめざる得なくなったが、
退職後は現在にいたるまで、警察の健全化、
透明化、民主化のために活動されている。

警察官としての実体験もお持ちゆえ
その講演には説得力がある。

しかし、現在も警察の腐敗は続いているという
原田氏の指摘には、おそらくは半信半疑の学生もいたに違いない。

ところが、この講演と平行するように
報じられた一連の、大阪府警の不祥事疑惑をみれば
誰しも原田さんの指摘にうなずかれるに違いない。

ところで、原田さんの内部告発は大変勇気のいることである。

とりわけ、本部長の地位までつかれ、
裏金に関与するところまでこられただけに
大変だったろうと想像する。

そんな原田さんの生き方を見れば
さぞかし剛胆な雰囲気の方と思われるかもしれないが
実は、常にニコニコとされ、講演もユーモアたっぷりの
すごく楽しい方なのである。

「闘いは楽しく」という言葉があるが
相手が大きくて、大変な闘いほど
長く闘うために必要な姿勢である。
原田さんの生き方や、スタイルその姿勢は、私も是とも非学びたい。

さて、その原田さんが、新著「警察崩壊」(旬報社)を発行された。
警察の腐敗を正すべく書かれた書物であり
内容は大変興味深い。

皆さんに、是非ともお勧めしたい。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/20641517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2013-06-12 01:22 | 大学あれこれ | Trackback | Comments(0)