私の趣味やニュースの感想など好きなことを発信するブログです


by kazuo_okawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

龍谷大学生にみる質問方法の傾向について

龍谷大学法学部に講座を持たせていただいて18年目になります。
いつの年でも、学生からの質問や意見は大いに歓迎しています。

意表をつく質問や斬新な意見ほど嬉しい。
いろいろな意味で(最近の若者はそう考えるのか、という意味でも)
こちらも勉強になることもあります。
その意味でも思いついたことはどんなことでも質問してください。

意外性・独創性があればあるほど大歓迎です。

さて以上は前書きで、本稿の主題は、質問の仕方です。

私は、龍谷大学での講義が終わると、本業(弁護士業)のため
直ちに大阪の事務所に戻ります。
そのため、質問はできる限りメールでしてほしい、と学生には伝えています。
学生にとってメールのやりとりは手慣れたものです。
無論、講義直後、教室で質問を聞くことも少なくありません。

そこで皆さんにクイズです。

実は、年によって、メールの質問が多い年もあれば、
授業終了後の直接の教室での質問が多い年もあります。
今年は、メールでの質問は少なく、授業終了後の直接の質問が多い年です。

さてそれは何故でしょうか。

皆さんその理由がわかりますか。

答えは、教室の構造です。

出入り口が教室の後方にあるときは、講義終了後、わざわざ講師のいる壇上まで
前に近づいてきて質問する学生は少ない。
そこでメールの質問が増える。
一方、出入り口が前方にあるときは、前方に歩いていくため
帰り際、自然に講師に近づき、私に声をかけて
「先生、こんな場合はどうなりますか」と簡単に質問できるわけです。

種明かしすれば簡単な理由ですが、
ちょっとした違いで、質問方法ががらっと違うので本当に不思議です。

とはいえ、このようにブログにあげたので、今後は違う傾向がでるかな。
[PR]
トラックバックURL : http://okawakazuo.exblog.jp/tb/20390650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kazuo_okawa | 2013-04-27 23:16 | 大学あれこれ | Trackback | Comments(0)